ヤフオクなどのオークションで車を売る危険性

ヤフオクで車を出品するには少し特殊な手続きが必要です。というのは個人であったとしても販売業者としてのヤフーIDを手に入れないといけません。さらに通常とは少し違った金額の手数料の支払いが必要になります。
この手続きが済んでしまえばだれでもヤフオクなどで車の販売ができるようになります。
ちなみにヤフオクなどでは個人間の取引が基本となります。
そのおかげといってはなんですが買う側は少しでも安く変えて、売る側はできるだけ高く売ることができます。
しかしここに大きな問題が孕んでいます

 

というのも商品説明が、売る側の主観による情報であって買う側から見たら欠陥ととらえられてしまうことが多いからです。
例えば「外装綺麗、内装タバコの匂い無し、タイヤの残り傷あり:などの説明があったとします。
ところがそこに落札者がついていざ対面になった時「外装傷が多いじゃん、芳香剤の匂いは凄い、タイヤのサイドウオールにヒビが入ってダメじゃん」などのクレームによく発展します。
このようにその場で交渉決裂するか値引きしないと売れなかったりなど、不明瞭な取引形態がヤフオクなのです。
もっともそれでも多くの販売者や購入者がいるのも事実です。本人がどれだけ愛車の状態をシビアに見れて、しっかり説明できるかも大事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ