残債やローンのある車の車査定

車のローンが残ってる場合、車の車検証の所有者欄には車の販売店名か信販会社の名前が記載されていると思います。
ですのでこの時点では愛車はあなたの所有物ではありません。
ですからローンや残債のある状態で愛車を売却することは難しくなってきます。
もし仮にお車を売りたいなら残債金額を0にする必要があります。残債がゼロになった場合、車検証の所有者欄はあなた名義になります。この場合いつ売却しても問題ありません。
なお、残債が少額になった場合でも、車を売ることで残債をゼロにする方法方もあります。
これはいわゆる相殺という形になります。お車の売却代金を次の車の頭金に充てることはできません。ただ残債金額と売却金額を相殺できます。
以上よりローンや残債が残っていても車査定に出すこと自体は問題ないことがわかりました。
ただネット査定に出す際には車検証の所有者欄についてはかなり厳しく問われます。
というのも残債と買取額が相殺できなければ、その残債の返済義務が買取店に移行して面倒だからです。
つまり残債が残っているネット査定の場合、信販会社と販売店、あなたと3者を交えた売却になりかなり面倒なことになってしまいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ